スポンサードリンク

2008年06月10日

秋葉原通り魔事件・「酒鬼薔薇と同じ年、怖い」母は加藤容疑者におびえていた…



7人が死亡、10人が負傷した東京・秋葉原の無差別殺傷事件。逮捕された派遣社員・加藤智大容疑者(25)の母親が、1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件を引き合いに出し、容疑者を恐れていたことが9日、分かった。

青森市内にある加藤容疑者の実家には多くの報道陣が詰め掛けたが、カーテンが閉められたまま人の気配はなかった。

両親と弟の4人家族だった加藤容疑者は、高校卒業までこの自宅で暮らした。近所の住民によると、教育熱心だった両親から厳しく育てられたという。子供のころしかられた加藤容疑者が、玄関前に閉め出され、泣き叫ぶ声を聞いた住民も少なくない。真冬の極寒の中、薄着で外にいる姿も目撃されている。「しつけか、虐待か分からなかった」(ある住民)

そんな加藤容疑者を母親は複雑な目で見ていたようだ。母親は高校時代の容疑者について親しい知人に「2人で食事するのがとても苦痛。(97年に神戸市で連続児童殺傷事件を起こした少年)『酒鬼薔薇聖斗』と同じ年なんだよ。怖いんだ」と漏らしている。具体的に何が怖いかは語らなかったが、おびえた様子だったという。

加藤容疑者は、小学校の卒業文集で自らの性格を「短気」「強情」「鈍感」「どじ」と表現。一方で、卒業までの6年間を「5万2560時間」と時間に直して表記したりしていた。「もっといろんなことをしとけばよかった」「こうかい先にたたず」と結んでいる。

中学校時代の卒業文集には、ゲームの美少女キャラクターを描いた自筆の絵も。自己アピールの欄には名前や住所、電話番号以外をすべて英語で記述。自分の弱点を「過去を問われること」とし、性格を「ひねくれ者(CROOKED)」と書いている。

加藤容疑者が高校卒業後は、弟も仙台の学校に進学。金融機関に勤める父親は仙台の店舗と青森の自宅を行き来する生活だったが、昨年3月から青森の店舗に勤務している。両親は昨年夏から別居状態で現在、実家は父親が一人暮らし。事件のあった8日夕、会社に電話を入れ「息子が事件を起こしたので休暇を取りたい」と連絡してきたという。その後、父親の姿は目撃されていない。

◆神戸連続児童殺傷事件 
1997年3月、神戸市須磨区の住宅街で、女児ばかりを狙った通り魔事件が連続して発生。ハンマーで殴られた小4女児が死亡。5月には同区内の市立中学正門前に、行方不明だった小6男児の切断した頭部を発見。直後、「酒鬼薔薇聖斗」名義で地元新聞社に犯行声明文が送られるなどしたが6月、当時14歳の中2少年を逮捕。関東医療少年院に収容され、05年1月に退院。現在は25歳になる。

(以上「スポーツ報知」6/10 より引用)

秋葉原通り魔事件の犯人・加藤智大容疑者の事件の背景が、だんだんと明らかになってきました。

本当に恐ろしい事件でした・・・。

お亡くなりになった被害者の方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



posted by geinou-jiji at 23:18 | TrackBack(0) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。